ビットコイン、USD建で史上最高値を更新!いよいよ熱狂期が始まるのか

ビットコイン 黄金比サポートを完了しUSD建で史上最高値を更新

BTC(ビットコイン)の価格は、日本円建では10月18日に史上最高値を更新しましたが、それから3日が過ぎ、ついに米ドル建でも史上最高値を更新しました。

2021年10月21日現在、BTC の価格はおよそ 65,600 USD となっています。

この最高値更新の値動きにより、5月からの下落がバブル崩壊ではなく、バブル本番へ向けた調整だった可能性が濃厚になりました。

いよいよ熱狂期が始まろうとしています。メディアが静かな今のうちに、準備を整えましょう。

黄金比サポートからの最高値更新の予言が現実のものに

8月上旬、「 YearoftheBULL Φ 1.618 Φ Golden Ratio Φ」氏(@misconfig_exe)による、ビットコインの値動きに関するとても興味深い分析(予言)を紹介しました

ビットコイン〜黄金比サポートからバブル本番が始まるのか? 黄金比サポートで下落が止まったビットコイン、2021年版バブル本番がいよいよ始まるのか?

内容を端的にまとめると…

  • 市場には、Stealth Phase (閑散期)、Awareness Phase (認知期)、Mania Phase (熱狂期)、Blow Off Phase (崩壊期)の 4 つのフェーズがある。
  • 5 月からの下落は、熱狂期に入る前に現れる「First Sell Off」と「Bear Trap」、つまり調整である。
  • この下落は、黄金比 1.618 に位置する 30,000 ドルで何度もサポートされた
  • 黄金期 1.618 サポートは、2017 年末のバブルへ至る過程にも現れた。
  • 「Bear Trap」が終わった後、最高値を更新して、いよいよ熱狂期、すなわちバブル本番がやってくる。

…というものでした。

それから2ヶ月ほどが経った10月20日、ついに氏の予言が現実のものとなりました。

BTC/USDT 史上最高値を更新

YearoftheBULL 氏の分析・予言は本当に素晴らしい。感銘を受けました。

あなたの「BTC は 30,000 USD の黄金比ラインでサポートされ最高値を更新するだろう」という予言が現実のものとなりました。何と素晴らしい予言なのでしょう!

チャートで振り返る、これまでの流れ

改めて USD 建 BTC の週足チャートを振り返りつつ、1.618 の黄金比サポートを再確認します。

2017 年 12 月のバブル頂点と 2018 年 12 月の大底をフィボナッチ・リトレースメントで結ぶと、上方向へ拡張したフィボナッチ 1.618 の黄金比ライン(黄色)が 30,200 ドル付近に描かれます。

そして、この黄色いラインにより、5 月からの下落が何度もサポートされたことがわかります。まるで見えない壁があるかのように。

BTC/USDT 週足チャート

私は、5 月からの下落によってバブルが終了してしまうのか、それとも氏の言うように単なる調整でこれからバブル本番が来るのか、どちらが正しいのか確信が持てませんでした。

単なる調整だろうという思いが 6 割、早めのバブル終焉が訪れそうという思いが 4 割。上図の白い書き込みのように、チャートは逆カップ&ハンドルを描きつつあるようにも見え、30,000 ドルを割って大暴落することを恐れました。

結果的に 30,000 ドルが絶好の仕込み場所だったわけですが、大きく買うことはできず。中国の全面禁止のニュースが効きました。

感情でトレードしてはいけないことは分かっているのですが、実践するのはいつまで経っても難しいものです。

世間は静かだが…

ドル建で最高値を更新したものの、それほど大きなニュースにはなっておらず、世間は静かです。2017 年の年末のような「猫も杓子も仮想通貨!」な熱狂は全くありません。

あまりに静かなので、正直言って、「本当にこれから熱狂期が来るのか?」という疑いをまだ拭えていません。

しかし、ここで YearoftheBULL 氏の別の分析チャートを見てみましょう。バブルが中盤に差し掛かるところに「Media attention」(メディアの注目)の文字があります。

まだ最高値を更新したばかり。今が熱狂期の入り口ならば、メディアが騒ぎ始めるまでにはまだ時間があるのかもしれません。

BTCの市場サイクル「media attention」

私が仮想通貨トレードを始めたのは 2017 年 10 月中旬。今からちょうど 4 年前のことです。

その頃、既に「仮想通貨は儲かるらしい」というブームが来ていて、投資未経験者の私が興味を持って参入するくらいの熱気がありました。

(本当の熱狂は、私が参入した一ヶ月後、11月中旬くらいに来たように記憶しています。口座開設に1〜2週間もかかるほどの大量の申し込みが取引所に殺到していることがニュースになっていました。)

バブル頂点は、それから約 2 ヶ月後の 12 月中旬にやってきました。

2013 年のバブルの頂点も 12 月だったので(私は経験していませんが)、「バブルの頂点は 12 月にやってくる」というイメージがありますが、今の静かな状況を見ると、残り 2 ヶ月であのときのような熱狂がやって来るとは信じがたいです。

もしかしたら、バブル頂点は 2022 年の 1 月か 2 月にずれ込むのかもしれません。

それがいつになるのか、時間ができたらチャート分析して占ってみようと思います。

まとめ

以上、フィボナッチ 1.618 黄金比サポートからの最高値更新を振り返りました。

最高値更新のエネルギーの源は、ビットコイン先物 EFT 承認のニュースだったと言われています。さらにポジティブなニュースが今後も続くのかも。楽しみですね。

最後に、いつものお約束です。

この記事は、YearoftheBULL 氏の考察の紹介や個人的な見解を書いたものであり、必ず BTC が値上がることを保証するわけでもありませんし、仮想通貨の売買を推奨するものではありません。

投資は自己責任です。特に仮想通貨・暗号資産にはリスクがつきもの。十分理解の上で、自己の判断と責任で行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です