Bellcoinを掘る! ウォレットのインストールと設定

Bellcoinウォレットのセットアップ

Bellcoinのマイニングやフォーセットで取得したBellcoinを貯めておくには、ウォレットが必要です。

Bellcoinのウォレットは公式サイトで公開されており、自分の環境に合ったものをダウンロードしてインストールします。

MEMO
正確にはウォレットに貯まるわけではないのですが、ここではわかりやすく「貯める」と表現します。

ダウンロード

公式サイトの「Wallet」セクションからダウンロードします。

参考 ウォレットのダウンロードBellcoin | Let's ring your bell of life.

この記事を書いている時点でのバージョンは 1.0.2.1 です。

Bellcoin ウォレットのダウンロード

ありがたいことに、Ubuntu 18.04 64bit 用のウォレットも実行形式で用意されており、ダウンロードしたファイルを展開するだけで利用できます。

私の知る限り、Ubuntu用(Linux用)のウォレットを用意してくれているコインは珍しいです。

今回、私は、Ubuntu 18.04 と同等の Linux Mint 19.3 を使用するので、Ubuntu用のウォレットをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを展開すると、「bellcoin-1.0.2.1-linux」というディレクトリの中に次の4つのファイルが出現します。

  • bellcoin-cli
  • bellcoin-qt
  • bellcoin-tx
  • bellcoind

ウォレットのプログラムは「bellcoin-qt」です。

他のファイルはコマンドラインから使うプログラムで、とりあえず無視しておいて構いません。

これらのファイルを適当なディレクトリにコピーまたは移動すれば設置完了です。

私の場合、自分のhomeディレクトリ下の ~/crypto/bellcoin というパスに置いています。

セットアップ

どのOSでも手順はほぼ同じです。

ウォレットの実行

Linuxの場合は端末から ./bellcoin-qt を実行、Windowsの場合は bellcoin-qt.exe をダブルクリックしてウォレットを起動します。

Bellcoinウォレットの起動ロゴ

下図のように、ウォレットのデータの保管場所を尋ねられます。通常は既定の場所で問題ありません。

MEMO
データの保管場所は、通常、ウォレットの本体(プログラム)とは別の場所になります。Linuxの場合、既定の場所はユーザーのhomeディレクトリ直下の.bellcoinという隠しディレクトリです。

Bellcoinウォレットのデータ保管場所を選択

続いてブロックの同期が始まります。かなり長い時間(数日間?)がかかりますが、終わるまでひたすら待ちましょう。

MEMO
Bellcoinの歴史が始まってから今までのすべての取引履歴は、インターネット上のブロックチェーンに保存されています。そのすべての記録をダウンロードして、最新の状況を自分のウォレットに反映させる必要があります。これを「ブロックの同期」と呼んでいます。

bellcoinウォレットの同期

その間に、ウォレットの暗号化とバックアップを済ませましょう。(同期が終わってからでもできます)

ウォレットの暗号化

ウォレットを暗号化することでセキュリティ性を高められます。

メニューの [設定] > [ウォレットの暗号化] を選択してください。

bellcoinウォレットのデータのバックアップ

ダイアログが表示されるので、上下の欄に同じパスワードを入力して [OK] ボタンを押すだけ。

重要
このパスワードは超重要です。必ず紙などに書き留め、他人に知られないように大切に保管しましょう。

Bellcoin暗号化のパスフレーズ設定

ちなみに、私は英数記号の混じったランダムな必ず20文字以上のパスワードを使用するようにしています。

例: u-jyp!1&oITxCW7o@Twh (20文字)

ランダムなパスワードを作るにはこちらのサイトが便利です。

参考 LastPassRandom Password Generator

パスワードを決めたらウォレットに戻って入力します。

[OK] ボタンを押すと、下図のように「あなたのBellcoinはすべて失われます!」とビビるメッセージが表示されますが、問題ありません。「万が一パスワードを紛失しちゃうとウォレットからBellcoinを取り出せなくなるよ」という意味です。

ですから、繰り返しになりますが、パスワードは超重要です。

bellcoin暗号化の確認ダイアログ

[Yes] ボタンを押して実行します。

ウォレットの暗号化に成功したら、ウォレットの再起動させる必要があります。[OK] を押すとウォレットが終了するので、終了後に再度起動します。

bellcoinウォレットの暗号化に成功

ウォレットのバックアップ

次にウォレットのバックアップを必ずしましょう。

もしパソコンが壊れてウォレットが破損しても、バックアップさえあれば保管してあったBellcoinを復活できます。(パスワードも必要です)

そして、できれば複数の場所に保管しましょう。私は2台のパソコンと2本のUSBメモリスティックに保管しています。

メニューからバックアップする

メニューの [ファイル] > [ウォレットのバックアップ] を選択するとデータの保存場所を尋ねられますので、適当な場所に保存しましょう。

bellcoinウォレットのデータのバックアップ

ウォレットのファイルを直接コピーする

WindowsのエクスプローラーやMacのFinderなどのファイル管理ツールを使って、ウォレットのデータを直接コピーしてもOKです。

バックアップすべきファイルは、ウォレットのデータの保管場所の下にある、wallets というフォルダ内の、wallet.dat というファイルです。

Linuxの場合、既定で ~/.bellcoin/wallets/wallet.dat になります。

アドレスの確認

マイニングするときは、自分のウォレットのアドレスを指定し、取得したコインがそのアドレスへ送金されるようにします。

ウォレットのアドレスは、メニューの [ファイル] > [受け取り用アドレス一覧] から確認します。

Bellcoinのウォレットのアドレス

2020/11/24 追記

私がマイニングを始めた頃に「Bellcoinをマイニングするなら大文字『B』で始まるアドレスを使う」と聞いたので、ずっとそうしていたのですが、今はどちらでも構わないそうです。

Discordで桔梗さんに確認したところ、下記ツイートの内容の不具合があったため、ソロマイニングする場合に大文字「B」で始まるアドレスを推奨していたそうです。プールマイニングの場合は小文字「b」で始まるアドレスでも問題なく、現在はソロマイニングでも不具合は修正されているはず、とのことでした。

まとめ

以上でBellcoinのウォレットのセットアップは完了です。

まとめますと…

  1. 公式サイトからウォレットをダウンロードする。
  2. ウォレットを起動して同期するまでひたすら待つ。(長い時間がかかる)
  3. ウォレットを暗号化する。(必ずパスワードを書き留める)
  4. ウォレットのバックアップを取る。
  5. アドレスを確認する。

難しいですか?簡単ですよね?

BellcoinはPoS通貨ではないため、ウォレットを常時起動しておく必要はありません。

時々ウォレットを起動して同期させ、マイニングやフォーセットで貯まったBellcoinを確認してホクホクしましょう。

Bellcoinのマイニングについての全体的な手順は別記事で紹介しています。

CPUでBellcoinを掘ろう! Bellcoinを掘る!CPUマイニングの方法

アルファフォーセットを利用して無料でBellcoinをゲットすることもできます。

アルファフォーセット 国産の仮想通貨を無料で入手できる「アルファフォーセット」の紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です