仮想通貨の損益計算サービス「Gtax」も有料化

Pay Your Taxes

私はこれまで主にCryptactを使ってきましたが、3年前に仮想通貨を始めた頃、少しだけGtaxも試したことがあります。

こちらも定評のある仮想通貨の損益計算サービスですが、私が試したときはCryptactの方が私のニーズに合っており(使いやすかったのか必要な機能があったのか、詳しくは覚えていません)、Cryptactを選びました。

先日、そのCryptactが実質有料化されるニュースが届き、軽くショックを受けたばかり。

Cryptact 投資支援プラットフォーム 仮想通貨の損益計算サービス「Cryptact」が有料化

そして、今日、Gtaxにも有料プランが導入されるニュースが届きました。私のような、取引件数が多く海外取引所も使う人は、事実上、有料プランしか選択肢がありません。

仮想通貨の損益計算ソフト「Gtax」一部機能の有料化のお知らせ

「Gtax」は、基本無料でご利用いただけますが、2020年内の取引件数及び海外取引所の利用の有無に応じて一部利用料金が発生する料金体系となります。

出典 Gtax

私の場合は年間30,000件までの「ベーシック」プランになり、料金は30,000円。うーん、やはりキツイですね。

誤解して欲しくないのですが、私は「これまで無料だったんだから、これからも無料で使わせろ」と言っているのではありません。サービスに対してはお金を支払うのが当然と考えています。

ただ、トレードが下手くそで大きな利益を出せず、僅かな利益は草コインのマイニングに消えていく…。Gtaxもまた素晴らしいサービスですが、私に料金を支払う余裕がないのです。しょんぼり。

さて、確定申告が始まるまであと4ヶ月ほど。その間にお金のかからない解決方法を見つけるか作るかできるでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です