ZaifのCOMSA(コムサ)のチャートが面白い形をしている件

COMSA興味深いチャート

先日XCP(カウンターパーティ)のチャートを紹介しましたが、他にも面白い形をしたチャートがあります。今日はその中のひとつ、COMSAを見てみます。

カウンターパーティ XCP ZaifのXCP(カウンターパーティ)のチャートが面白い形をしている件

そもそもCOMSAって何?

2017年秋、仮想通貨業界がバブルで盛り上がる中、スタートアップ企業が資金を集める手段としてICO(イニシャル・コイン・オファリング)がさかんに行われていました。

ICOとは、簡単に言えば、仮想通貨のクラウド・ファンディングです。ビジネスのアイディアをインターネットに公開し、賛同する人や企業から仮想通貨で支援してもらいます。その見返りとして、トークンと呼ばれる、株券のようなもの(ただし株主のような発言権はない)を出資額に応じて配布します。ビジネスが上手く行けばトークンが値上がりするので、出資者は利益を得ることができます。

しかし、ICOを行うには、魅力あるビジネス計画書(ホワイトペーパーと呼ばれます)を公開し、ブロックチェーン上でトークンを発行し、どこかの取引所に上場し…とやるべきことがたくさんあります。ブロックチェーンに不慣れな企業が簡単にできるものではありません。

そこで、当時、仮想通貨取引所のZaifを運営していたテックビューロ社が、「世の中にICOをしたい企業はたくさんある。それならば、ICOをもっと簡単にできるようにするソリューションを開発すれば、たくさんの企業が利用してくれるんじゃない?」と思いつきました。

そのソリューションが COMSA(コムサ)で、このCOMSAを開発するための資金集めとしてICOが行われました。仮想通貨のバブル時期だったこともあり、大きな注目と資金を集めることに成功しました。その額は何と100億円!私も3万円くらい出資した記憶があります。

Zaifに上場して高騰→暴落

COMSAのトークンが2017年11月にZaifに上場すると、強烈な買いが入って価格はまたたく間に上昇し、最高で550円に達しました。このときに全部売っていれば…。右も左もわからずただ眺めてHODLしているだけだった当時の私を叱りたい…。

その後、当局からICOに厳しい規制が入り、COMSAの利用を表明していた企業も離れてしまい、価格も暴落。それから今に至るまで価格は低空飛行を続けています。COMSAは今でも存続しているようですが、2020年5月に施行された改正資金決済法でもICOについての今後がハッキリしていないため、事業方針の転換をせざるを得なくなったようです。

果たしてCOMSAの今後はいかに?

低空飛行の様子をチャートで見る

それでは、上場→高騰→暴落→低空飛行の歴史をチャートで確認してみましょう。

最高価格は550円、現在の価格は約7円です。99%も下落したことになります。草コインあるあるではありますが、すごい落ちようですね。

CMS:ETHのチャート

しかし、よーく見ると、2019年の6月辺りで一度少し上昇していることがわかります。

ここから現在に至るまでの部分を拡大してみましょう。

上下からトレンドラインが狭まってくる形

ローソク足の上に2つの青いトレンドライン、下に1つのトレンドラインを描き、EMAの曲線をいくつか追加しました。

  • EMA200や100から長期トレンドは上向きと判断できる。
  • 赤い雲を抜けた。これまでは赤い雲を抜けると価格が上昇することが多かった。
  • 上下の青いトレンドラインが集約してきている。
  • 上の2本の青いトレンドラインはChuvashov’s Fork(いわゆる「Cフォーク」)パターンを作っている。
  • 下の青いトレンドラインによって底値を徐々に上げてきている。
  • ここ数日で売りの出来高が増えているが、価格はあまり下がっていない。

…と好材料が揃っているように見えます。

もちろん、相場は必ずしも期待や想定どおりに動くものではありません。下の青いトレンドラインを割って下落することもありえます。その場合、その下にある青い点線がサポートになると期待できます。その点線から下落したら…今までHODLし続けてきたCOMSAを窓から投げ捨てます。

CMS:ETH日足チャート

下図は週足チャートです。上に抜ければ赤い雲の突破が期待できますし、下落すれば青い点線のサポートに期待したいところです。

上向きの黒矢印を記入してありますが、重ねて言っておきますが、必ず値段が上がるという意味ではありません。上がる可能性がある、上がるかもね、という意味です。

CMS:ETH週足チャート

こんな形で動いてくれたらアダム&イヴになりますね。そのまま打ち上がって最高値更新してくれないかな。(無理でしょ)

CMS:ETH週足チャート、アダム&イヴ

以上、私が見つけた面白チャート第2弾としてCOMSAを紹介しました。

最後に、お約束ですが…。

この記事は「チャートが面白い形をしている」という発見を書いたまでであって、COMSAの売買を推奨するものではありません。

私の目にはチャートが良い形をしているように見えますが、実際のCOMSAの開発・運営状況は滞っているようです。良いニュースが出れば市場が反応して価格が上がるかもしれませんが、ICOへの規制が良い方向へ転がらない限り、それは難しいんじゃないかというのが私の個人的な見解です。

投資は自己責任です。特に仮想通貨・暗号資産にはリスクがつきもの。十分理解の上で、自己の判断と責任で行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です