Z502が新しいトークン「D502」を発表…一体何なのか?

D502 x Z502 Ready to launch

Z502から新しいアナウンスがありました。「D502」というトークンを発行するそうです。

下記はMediumで公表されたアナウンスの引用と翻訳です。

D502 is a DEX token and will provide benefits to the D502 holders. We will keep you updated.
D502 tokens will be also provided to the Z502 holders and Z502 is an exchange token as well.
As a result, Z502 will be a both CEX and DEX token.

D502はDEXのトークンで、D502を持っていることで利益がもたらされます。詳しくは追ってお知らせします。
D502トークンは、Z502のホルダーたちにも提供され、Z502は取引所トークンでもあります。
その結果、Z502はCEXとDEXの両方のトークンになります。

引用 Medium

詳しいことが伏せられているのでよくわかりませんが、まとめると…

  • Z502を持っているとD502が配布される。(エアドロップ開催?)
  • D502を持っていることで色々な特典が得られる。
  • CEXとDEXの両方のトークンになる。

…やっぱりよくわかりませんね💦

CEXというのは、恐らくAngooFintechのことでしょう。AngooFintechでは既にZ502が取引所トークンとして利用されているようです。私はアカウントを持っていないので入場したことがなく、実際の様子はわからないのですが。

DEXというのはUniswapのことでしょうか。あるいは他の取引所のことなのか。どこかのDEXと連携してD502のエアドロップでも開催するのでしょうか。

現在、Z502が上場している取引所はAngooFintechとoasisで、日本から利用するのはハードルが高い。そこにUniswapが登場し、売買(交換)ができるようになっています。より多くのDEXでZ502を交換できるようになり、それによって人気が上がり、BinanceなどのCEXに「逆輸入」されるようになったらいいなぁ。

ところで、「D502」と聞いたとき、蒸気機関車を連想してしまったのは私だけ?

続報に期待しましょう。

追記 続報が来ました。こちら↓をどうぞ。

D502 x Z502 Ready to launch Z502のDeFi計画「D502」が発表!ETHやADAでのステーキングもできるらしい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です