ビットコインの価格が170万円を超え、最高値更新が時間の問題に見える件

Bitcoin価格上昇中

ここ数日間はビットコインの価格上昇が一段落し、代わりにアルトコインの価格の値段が上がる、いわゆる「アルトシーズン」を迎えていましたが、そのシーズンはもう終りを迎えたようです。

強いビットコインが帰ってきました。ついに価格は170万円に到達。「下がったら買おう、今度こそ仕込もう」と思っているうちに170万円ですよ。どうしましょう。

これまでの値動き

下図は、BitbankでのJPY建の週足チャートです。

力強い上昇が続く

重要だと思うところに線を入れてみました。

  • オレンジ線 … 私が警戒していた上昇ウェッジ
  • 黄色線 … 2019年の最高値(150万円)
  • 水色エリア … 予想レジスタンス

BTCJPY Bitbank 週足

今、ちょうど、2017年12月の、バブルが最も熱かった週の、実体からヒゲの領域に入ろうとしています。また、バブル崩壊後の、2018年1月のローソクがこの位置で止まっています。

この2点から、今の価格帯である程度の抵抗を受けると考えていますが、ここから黄色いラインの150万円まで下落するか?というと疑問です。というのは、もう150万円のサポートチェックを終えているからです。

150万円のサポートのチェック

チャートを拡大して日足で見てみると、2019年の最高値であった150万円を超えた後、一旦下落し、150万円まで下がり、再び上昇しています。

これは「もう150万円以下にはならないよ」というサインですね。

私は「1BTCが150万円なんていくらなんでも高すぎるだろう」と思って買いませんでした…。いくら高く見えても損切りしやすい場所なのですから、買っておくべきでした。アホです。

BTC 150万円のサポートチェック

同じようなサポートチェックは、上手のオレンジ色のウェッジ線でも発生していました。上図の赤丸のところです。

逆三尊のネックラインのサポートチェック

下図は週足で見たところ。やはりオレンジ線でサポートチェックされています。

BTC 上昇ウェッジのサポート

これも「もうオレンジ線の下には行かないよ」というサインですね。

また、オレンジ線をネックラインにすると、下図のような右底上がりの逆三尊を描けます。

オレンジ線のサポートチェックは、逆三尊のネックラインのサポートチェックを意味します。サポートが確認されて下落が阻止されたら、週足レベルでの巨大な逆三尊が成立することになるのですから、その後にはやばい上昇が来るはず!と考えてお試し買いしてみました。

騙されて下落することを恐れながらも勇気を出せた自分を褒めたい一方、「お試し」でしか買えなかったチキンハートな自分を残念に思います。これではいつまで経っても大きく儲けられないよ。

BTC巨大な逆三尊

価格上昇中は、「もうこんなに高くなってしまった。今から買うのは怖い。下落してから買おう。」とつい考えてしまうものですが、チャートの要所要所でしっかりとした理由と撤退基準を作って買うのは「あり」なのだ、と勉強になりました。(今更ですが…)

これからの予想

今後の値動きと仕込むべき場所をへなちょこトレーダーなりに予想してみます。

フィボナッチ・リトレースメントで見る

下図はUSD建の週足チャート。2019年の上昇は、2017年のバブル最高値と2018年の大底を結んだ、フィボナッチ0.382の青い線で止められました。

となると、次のレジスタンスは白線の0.236になると考えられます。今、その白線を上に抜けたところです。この白線の上で週足のローソクの実体を締め切れたら、2017年の最高値到達はもう目の前です。

フィボナッチで見るレジ

上記のように、これまでのビットコインは、

  1. 主要な抵抗線を上に抜ける。
  2. 下落して同じ線でサポートされるか確認する。
  3. 確認が取れたら再上昇🚀

という値動きを繰り返してきました。

17000ドル付近の水色エリアもレジスタンスゾーンと考えらるので、

  1. フィボナッチ0.236の白線を抜けた。(←今ここ)
  2. 水色エリアの抵抗を受けて下落し、白線のサポートを確認する。
  3. 確認が取れたらいよいよ最高値へ🚀

という値動きになると、リーズナブルなのではないでしょうか。

逆三尊で見る

逆三尊は、底値とネックラインとの2倍付近まで価格上昇するのがセオリーらしいです。

JPY建では2,170,000円くらい。

BTCJPY逆三尊

USD建だと20,960ドル辺り。でも、これだと最高値を更新してしまいます。こんなに上がるのだろうか?

BTCUSD逆三尊

JPY建にしてもUSD建にしても、上図はポジティブに考えすぎな気もするので、ヒゲを抜かして考えたほうがいいのかも。例えば、下図のように(JPY建チャートです)。すると黄色の2倍線がちょうど水色のレジスタンスエリアに来ます。

BTC 逆三尊 ヒゲを無視

まとめ

以上、あちこちを見ると判断基準になりそうな要素がたくさんありすぎて判断に迷ってしまいますが、まとめると、直近の戦略はこんなところでしょうか。

  1. 週明けに白線のサポートを確認し、
  2. 確認されたと判断できたら買ってみて、
  3. 逆三尊から見たラインや最高値などで売ってみる。

さすがに最高値付近で大きな下落が来るのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です